HOW TO 二重まぶた

   

「二重まぶた切開法」の特徴

「埋没法」が難しいなら、「切開法」

「二重まぶた」に憧れを持っているという方は多いことでしょう。そのような方の中には、まぶたの厚さに悩んでいる方やすでに「埋没法」を試してみたがその日持ちが悪いことに不満を抱いている方もいらっしゃることでしょう。あるいは、思い切って「埋没法」を受けようと相談に出向いてみたものの「二重」にすることが難しいと診断されてしまった方の中には諦めるしかないと思っている方も多いかもしれません。

しかし、そのような方も「切開法」を駆使することで持続性に優れた幅広の理想的な平行二重まぶたを手に入れることができる可能性はあります。そのため、そのような目を手に入れることに興味がある方は一度その利用を検討してみることをおすすめします。

「埋没法」最大のメリットは、半永久的な二重

そんなぜひとも「埋没法」で理想の二重を手に入れることができなかった方にこそその利用をおすすめしたい「二重まぶた切開法」は、半永久的な二重を手に入れることができる点がその最大のメリットです。そしてこうして出来上がった幅の広い平行二重は元に戻ることもあまりありません。

さらには、眼瞼下垂などのまぶたの悩みをその手術によって合わせて解決できる点も大きな魅力と言えるでしょう。なお、この眼瞼下垂は「まぶたの上りが悪い」などの症状のことを指し示す言葉です。

そして本手術においてはまぶたを引き上げる役割をする拳筋腱膜の状態を確認し、必要に応じて修復や前転、いわゆる引き出して縫い縮める作業を行うことが可能です。

そのため、病的な状態と言える眼瞼下垂に陥っていないとしてもいつも眠たそうな印象を与える目にコンプレックスを抱えている方は同様の処置を受けることでぱっちりとした目を手に入れることができる点も本手術を受けるメリットと言えます。

ただし、眼瞼下垂の手術を合わせて行うことで目じりが上がり希望しているイメージとは違うシャープな印象を与えてしまう可能性がある点には注意が必要です。そのため、その手術に際してはご自身のイメージを手に入れるかどうかを慎重に検討したうえでその手術を受けるかを決めるのが良いでしょう。

さらに、「切開法」を行うと切開して脂肪や筋肉を微調整した後でその状況にもよりますが必ずしも糸でその応対を固定するわけではありません。これは、縫合しなくても自然治癒によってしっかりとその傷はふさがることが多いためです。

ただし、この際に糸での固定を行うことで「まつ毛が上向きになる」というその手術を受ける多くの方にとって魅力的ともいえる効果を得られる点は見逃せないポイントです。これは、糸でその個所を固定することに対する反動でまぶたの下の縁が前方に沿った結果、まつ毛が上向きになることに由来します。そのため、そのような上向きまつ毛に憧れがあるという方は合わせてその効果を期待できる手術を受けてみるのも良いかもしれません。

不自然な仕上がりにならないよう、注意も必要

ただし、東洋人の人の中には蒙古ひだがあるので欧米人のような幅の広い平行二重にするとどうしても不自然な仕上がりになってしまう可能性がある点には注意が必要です。そのような立派な蒙古ひだを持っているという方は、そのひだを目立たなくなる「目頭切開」を併用すると美しい幅広の理想の平行二重を手に入れることができる可能性があがるので、その利用も合わせて検討してみることもおすすめします。

特に、左右の目が離れていることに悩まれている方はその利用を強くおすすめします。なお、「切開法」は「埋没法」と違って術後にその仕上がりを修正することが非常に難しいと言われている点には注意が必要です。そのため、手術を受ける際には実績のある熟練のドクターのもと充分に仕上がりイメージを確認し納得したうえでその手術を受けるようにしてください。

切開法 , 埋没法 , 目頭切開