HOW TO 二重まぶた

   

マッサージで二重まぶたを実現する方法

第一印象は「目」が重要

人は誰かに会ったとき、まず目を見ます。ことわざに「目は口ほどに物を言う」というのがあるように、その印象は大変強い影響となるのです。整った顔立ちであっても、目が野暮ったい感じになっていると途端に美貌が失われてしまいます。このように、目というパーツは顔のクオリティーにおいて重要な部分となるわけです。

では、目の印象を良くするにはどのようにしたら良いでしょうか。キーワードは二重まぶたです。もちろん、一重を否定するわけではありませんが、一般的に二重の方が美的な顔という認知となっています。それには好み以外にもきちんとした理由があります。二重というは目の上部のラインをくっきり見せることができるのです。絵を描くときに対象のものを縁取りするような印象で考えると良いでしょう。その輪郭がはっきりするので、目が大きく見えるわけです。線が細いものの印象は薄くなってしまうように、一重の人の顔はこの点で損をしていると考えられます。

二重まぶたになるマッサージ

こうした理由から、世間では多くの人がきれいな二重まぶたを目指して奮闘しています。簡単に二重が実現できるようなアイプチ商品も数多く流通され、女性を中心に広く使われているのです。

しかし、外出するたびに二重を作らなければならないというのは手間がかかることでしょう。できれば、自然な二重を手にしたいものですが、整形手術となると体にかかる負担やコスト面が心配になってきます。

そこで注目されているのがマッサージという方法です。誰もが実現できるわけではありませんが、人によっては自力でお金をかけずに二重を手に入れることができます。その方法をご紹介しましょう。

まず自分の目が二重になり得るかどうかを判断する必要があります。基本的には奥二重でないかをチェックするだけで大丈夫です。目を大きく見開いて、まぶたの奥の面積が広がった状態を作ってください。そのときに、奥側に線が入って入れば、自力で二重を実現できる可能性があります。

まぶたの脂肪が多いと、一重になる

そのような人がなぜ一重になってしまっているかというと、一番考えられるのは脂肪です。まぶたに脂肪が乗ってしまい、その重みで垂れ下がることにより、奥の線が消えてしまっているというパターンです。

その際は、まぶたの脂肪を落とすマッサージが有効的です。まず、まぶたと眼球の上部の点を指で押さえます。そして上目遣いをしてください。そうすることで、二重まぶたの癖を皮膚にインプットさせることができます。これを定期的に繰り返すと効果的です。同時にまぶた全体のむくみをなくすリンパマッサージも取り入れると良いでしょう。リンパを刺激するには涙袋の部分を、こめかみに向かって撫でるようにマッサージするのがおすすめです。上部まぶたと涙袋のマッサージは交互に行うようにしてください。順番としては円を描くようなイメージだと良いでしょう。

ちなみに上記の方法はアイプチなどをつけたまま行ってもかまいません。二重の癖をつけることが一番大切なので、むしろ実現への近道となる可能性もあります。ただし、無理やり糊付けした状態でのマッサージをやりすぎると、不自然な二重になってしまうことも考えられるので、その点は注意が必要です。二重にするときの自分のまぶたに必要以上に負担がかかっていないことを自覚し、そのうえで見た目が納得のいくものであれば、その状態で行うと良いでしょう。

二重まぶたを自然に手に入れるためには何よりも根気が必要です。とはいっても、平均して2、3カ月ほどで実現しているケースが多いという報告があります。それまで何年も生きてきた目の形を変えられるわけですから、これくらいの期間の我慢は安いものと考えた方が良いかもしれません。

アイプチ , マッサージ , リンパマッサージ , 美人の条件 , 美容整形 , 費用