二重にするための手術の種類は何がある?

二重にすることで、目元の印象は一気に変わります。美人に見せたり可愛く見えるというメリットもありますし、男性もイケメンを目指すなら手術をするのも選択肢の一つです。そこで美容外科クリニックで行われている手術の種類は大きく分けて2つあります。

第一にメスを使わずに出来るのが埋没法です。切らずにまぶたのところを医療用の糸で数か所止めるという方法で、抜糸をする必要もないので、手術後に通院する必要も特にありません。メスを使うことに抵抗がある方にはお勧めですし、時間も20分程度で終了してしまうので気軽に受けられます。

二重のラインについては、カウンセリング時に専用の器具を使ってシミュレーションすることが出来ますので、そこで医師と相談しながら決めていくことになります。自分が思っている理想のラインにすることはできますが、経験豊富な医師のアドバイスを聞きながらベストなラインを決めていきましょう。

埋没法は何点で留めるか、また使う糸の種類もクリニックによって異なり料金も設定に幅がありますので事前にサイトで確認の上、カウンセリング時にきちんと見積もりしてもらいます。ダウンタイムは少し必要ではありますが、最近ではほとんど腫れないで終了するダウンタイムもあまり必要ない方法もありますので、クリニック選びの時の参考にすると良いでしょう。

周りの人にばれる可能性も低いですし、やり直しが出来るという点は埋没法のメリットです。しかしラインは数年たつと戻ってきてしまうこともありますし、永久的な効果はありませんのでその点を理解して受けるようにしましょう。

続いてもう一つの種類は切開法です。とにかくぱっちりとした外国人風の目にしたい方、またラインがもどってこないように半永久的にしたいということであればこちらの方法が良いです。まぶたを切開して縫合し、その傷跡で二重にするという方法です。

こちらはメスで切るという方法なので、少し抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、多くの方が理想的な目元に変身して満足度も高いです。やり直しをするのが困難ですので技術が高い、経験豊富な医師のいるクリニックを探すことが重要です。

手術後には腫れは少しありますし、抜糸の必要もあります。そのダウンタイムも計算して手術を受ける事が大事です。埋没法も切開法も、点眼麻酔をした後に局部麻酔で瞼のところに麻酔をしますので手術中の痛みはほとんどありません。しかし手術中に恐怖心がある方は、静脈麻酔などを使用して眠った状態で手術を行うということも可能です。

麻酔の費用は別料金になっているところもありますし、その種類によっても料金が異なりますので事前に確認をしておきましょう。笑気麻酔を利用しているところもあります。二重にする方法は大きく分けるとこの二つになりますが、目じりと目頭を切開する方法も取り入れると、さらに平行二重を作りやすくなります。日本人には蒙古ひだがあるので、これを切開する事でパッチリと大きな目にすることが出来ます。

さらに瞼の脂肪吸引を合わせて行うことで、すっきりとした目元に仕上げることも可能です。どうせやるなら一度にした方が効率が良いということで、組み合わせて行う方もいますし、一つずつ行う方もいます。思い通りの目元に仕上げるためには、アプローチの方法もいろいろありますし、自分に合った方法を選択していくことも大事なことです。いくつかのクリニックでカウンセリングを受けて、ベストな方法を探してみる事をお勧めします。基本的に料金は保険が適用されないので自費治療項目となりますので、クリニックによって料金が異なります。安さだけではなく技術の高さなども考慮して選んでいきましょう。