ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

二重手術を行うとまぶたが腫れます。

二重手術を行いたいと考えている人にとって出来栄えはもちろん気になりますが、術後の腫れがどの程度なのかも気になりますよね。

手術は基本的に切開法と埋没法の2種類の方法があります。

昔は切開法が主流でしたが最近は埋没法が流行っている傾向があり、こちらの方法で行うとあまりまぶたが腫れずに済みます。埋没法はまぶたにメスを入れずに行う手術方法です。

術後から早ければ1週間程度には綺麗なまぶたへとなっているでしょう。

逆に切開法はまぶたにメスを入れることからも腫れが引くのが遅いです。個人差はありますが平均で早くて3か月で遅ければ半年以上引くのに時間がかかります。


これだけみると埋没法の方が良いように見えますが、どちらもメリットとデメリットがあるので一概にどちらの方が良いとは言えません。

では術後少しでも腫れを早く引かせるためにどうしたら良いのかについてです。


何もしなくても自然に引きはしますが引くのに時間がかかります。
家にずっと居るという人なら良いですがそんな人はほとんど居ないですよね。
学校や仕事などで毎日人と必ず顔を合わせなければいけないという人も多いでしょう。
まぶたの状態しだいでは人と会うのが嫌になってしまいます。


早く引かせるためには術後からの1週間が勝負のポイントとなります。


術後はとにかく目を冷やすようにしましょう。

冷やすことで早く綺麗なまぶたになることが出来ます。冷やすのは本当に最重要と言っても良い程です。

ただし冷やす祭にも何点か注意することがあります。それは直接氷等をまぶたに当てるのはダメなことです。
理由は術中に出来た傷口に氷を直接当てることで傷が広がる可能性があるからです。後は氷が溶けた祭に水となり傷口が濡れてあまり身体にとっては良くありません。まぶたへ負担が掛かるのは出来るだけ避けた方が良い出す。

氷を直接まぶたに当てる行為は辞めるようにしましょう。

氷がダメならばどうやって冷やせばいいのか、そんな時にお勧めの方法としてアイマスクを利用することです。


アイマスクと言っても冷却することが出来るアイマスクを利用して下さい。

冷却アイマスクを冷蔵庫で冷やすことでアイマスク事体がひんやりします。

その状態のまままぶたの上にアイマスクを乗せることでまぶたに刺激を与えずにゆっくり冷やすことが可能です。

冷蔵庫で冷やして使うものと言えば熱が出た時に使う冷えピタも挙げられますが、冷えピタの場合は使い捨てなのでお財布的にはあまりお勧め出来ません。

冷却アイマスクは冷えなくなったら再度冷蔵庫で冷やすことで永久的に何回でも繰り返し使うことが出来ます。


冷やす以外にも早く引かせる方法としてかぼちゃを食べるのが良いです。


かぼちゃには腫れを早く引かせることが出来る効果があります。

日本ではあまり馴染みがないですが韓国では手術後にはかぼちゃを食べて早く治すというのが一般的です。

食べると食べないのでは雲泥の差とも言えます。

後は出来るだけ目を酷似しないことも大切です。

まぶたとは関係ないように見えますが関係は大いにあります。

目を酷似して疲れさせることで治りが遅くなりいつまで経っても中々治りません。

特に術後の2日から3日までは出来る限り目を使いすぎないようにしましょう。

スマートフォンやパソコンなどは2,3日は控えめにして時間がある時は目を瞑って休ませて下さい。

その時に冷却アイマスクを使うのも良いでしょう。
3日過ぎればあまり目を酷似しない程度でスマートフォンやパソコンは行っても大丈夫です。

二重手術を行えば埋没法、切開法のどちらでも少しは腫れてしまいます

そのため術後の行動がとても大切で行動によって早く治るのか遅く治るのかが変わってくるのです。

最終更新日

ダウンタイム , プチ整形 , 二重 , 切開法 , 埋没法 , 手術