HOW TO 二重まぶた

   

分厚いまぶたの人でも綺麗な二重まぶたに変身

自宅で簡単に二重まぶたを作る方法

毎朝分厚いまぶたを見るたびに、メイクをする気が失せてしまう人も少なくありません。女性はパッチリ二重に憧れるものですが、元々の目が分厚くてスッキリしないと、整形する以外は手段が無いのではないかと考えてしまいます。しかし、自宅で簡単に綺麗な二重まぶたを作る方法もありますので、色々とチャレンジしてみる価値はあります。慣れてくるとスムーズに行えるようになり、忙しい朝でもスピーディーに変身できるので、お勧めの方法ばかりです。

一般的によく使われる方法としてアイテープがあります。片面タイプと両面タイプとがありますが、分厚いまぶたの人にはより強力な作用が必要ですので、両面タイプにトライしてみましょう。かなりきちんとくっつくため、瞬きをしても周りの人に気付かれる心配がありません。手順としては、まず先にまぶたを清潔にして、二重の幅をプッシャーで決めます。

次に、プッシャーを使ってアイテープをシートから剥がし、あらかじめ決めていたラインに沿ってのせます。まぶた同士がしっかりとくっつくようにプッシャーで食い込ませたら、最後は皮膚に密着させるように指で押して完成です。文章にすると長いですが、実際にやってみるとあっと言う間に終わりますので、忙しい朝でもそれほど手間には感じません。

ただし、この方法はあまりにも分厚過ぎると接着面積が狭くて使えない可能性もありますので、比較的皮膚が伸びて接着面積を大きく取れる人向きだと言えます。一度使うと印象がガラリと変わりますので手放せなくなりますが、日々使っていると皮膚荒れを起こす危険性があることも覚えておきましょう。できるだけリスクを下げるためには、肌に優しい素材で作られているものを選ぶべきです。

リキッドタイプもオススメ

テープでは上手くいかなかった人は、リキッドタイプを試してみるのもお勧めです。リキッドタイプは簡単に言うと糊ですので、どのような形でも比較的綺麗に二重のラインを作ることができます。手順はテープの時と大きな違いはなく、清潔なまぶたに二重のラインをプッシャーで作り、なりたい二重幅から約1ミリ前後の間に筆でリキッドを塗って少し乾かすだけです。

少し乾かしたらプッシャーを使って二重のラインを作ると、とても美しい仕上がりです。テープの方が有名なように感じるかもしれませんが、実はリキッドタイプの方が万能で、誰でも使いこなせます。初心者でも整った二重まぶたを作ることができると評判ですので、初めてトライする人はこちらを試してみましょう。

メイクを工夫すれば、持ちがよくなる

分厚い人は、せっかく二重まぶたを作っても途中で取れてしまうのではないかと不安に感じますが、メイクを工夫することでももちを良くすることができますので覚えておくと便利です。方法はとても簡単で、ビューラーを使ってまつ毛を上げておくのがお勧めです。まつ毛が上がるとまぶたの皮膚が持ち上がって二重が持続しやすいので、普段よりも長持ちしていると感じます。


跡がつきにくく、更に戻りやすいという悩みを持つ分厚いまぶたでも、日々の工夫次第では魅惑的な目元を作ることが可能です。まつ毛をビューラーで上げる時には、根元からしっかりとカールさせるのが持続させるためのコツです。奥二重や一重の人が二重まぶたを作ってまつ毛をカールさせると、非常に華やかな見た目になって印象もガラリと変わりますので、ここぞという勝負の時には念入りに作っておきたいところです。分厚くなってしまうのは脂肪が多いためですので、日々丁寧にマッサージをして脂肪を減らすことでも、少しずつ自然な二重まぶたが作られることもあります。マッサージをする時には、薄いまぶたの皮膚を傷めないように優しく行うことが大切です。

アイテープ , アイプチ , メイク