ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

寝ている間に二重のクセ付けを行おう

二重を手に入れたい方が自宅で出来る方法としてオススメなのが、クセ付けです。
方法はとても単純で、寝る時に専用の液を瞼に塗る、アイテープなどを接着させるという簡単な事だけです。本来ならメイク前に利用する機会が多い二重アイテムですが、外出の際に瞼が重い人であれば数時間で接着が取れてしまうケースがあります。クセ付けを行う事で、本当の二重を手に入れる事ができ、アイメイクも楽しく出来るでしょう。

では、どんな専用の液やアイテープがオススメなのかというと、市販で販売されている商品の中には既に夜寝る際に使える夜用として販売されている物が増えています。夜用の場合、瞼の皮膚がたるまないように接着が弱くなっているタイプもあるので、自分の瞼の厚みに合う物を選ぶのがポイントです。日中も日頃からアイテープや液を使用している場合は、瞼を休ませる意味でも接着力の弱い物にしておく方が肌にも優しく安心です。

クセ付けを行う実際の効果は人によって異なります。開始して数か月で綺麗な二重を手に入れる人もいれば、年単位掛かってしまう人もいるでしょう。これは人の瞼の厚みにも関係があります。女性の場合は欲張って、幅広にしたいと思ってクセ付けをしてしまいがちですが、必要以上に幅を広げてしまうとクセが付きにくいので注意が必要です。

二重まぶた用のグッズは種類が豊富なので、寝る際に使う以外にも活用方法にも違いがあります。
クセ付けタイプの中には、朝と夜に塗ってクセを付けて行くタイプ、メガネのようなデザインでナイロンワイヤーがフィットしてクセを作るタイプなどが一般的です。どちらのタイプも自分に合う合わないがあります。大事なのは、継続出来るかどうかが鍵です。

本来は美容整形などで施術をしてもらう事を、自分の力のみでクセを作ろうとしているため、時間の掛かる作業です。簡単には綺麗なラインを作る事が難しいので根気が必要です。その事を踏まえて、どの商品なら毎日継続をして続けられるのかを考えてみましょう。
朝と夜に塗るタイプは朝の忙しい時間に塗り忘れをしてしまう場合もあります。朝に充分なゆとりの時間があるのかを考えてみれば合うか合わないかの判断が付きます。特に寝ている間も日中も、一日を通して二重のクセ付けを出来る程の根気があれば、どんな商品でもうまく使いこなす事が可能です。

夜の就寝前にだけ使いたい場合は、翌朝に起きて洗い流して簡単にオフ出来るものを選ぶのがポイントです。
接着の強力なタイプはラインが付きやすい点ではメリットはありますが、洗い流す際に強力過ぎて瞼を擦り、摩擦で肌に負担を掛けてしまう場合もあります。どのパターンでも癖付けが出来る方法ではありますが、起きている間に瞼の上に専用の液が付着している事や、アイテープを付けている事に違和感を感じるようであれば寝ている間の方が手軽です。

料金に関しても安い物から高額な物まで幅は広く、安いから物が悪い、高いから品質が良いとは限らない点も頭に入れておくと良いでしょう。実際には自分が使ってみなければ、合うか合わないかは大きく異なります。
安いアイテープでしっかりとライン作りを出来る人もいれば、高い物を継続している人まで様々です。

初心者の場合は、まずは寝ている間に癖付けが出来て、肌に負担を掛けにくい物から少しずつ試していくのがオススメです。試していく理由の一つには、液が強力であっても弱くても肌に塗って合わない場合は、肌に炎症を起こしてしまう場合もあります。肌質が弱い人であれば、肌が荒れてしまうトラブルや痒みを伴う事もあるので、利用する前に一度は腕などでテストを行って利用するようにしましょう。

最終更新日

アイテープ , 二重 , 使い分け , 刺激 , 炎症