HOW TO 二重まぶた

   

腫れないと話題の埋没法の最新二重まぶた手術

二重まぶたの手術

一重や奥二重で、目のコンプレックスをお持ちの方はとても多いです。アイプチをしたりメザイクをしている方もいますが毎朝のメイク時間もかかってしまいますし、すっぴんに自信が持てないという事も有るでしょう。美容外科クリニックでは、それぞれのクリニックで二重まぶたにするための手術を受けることが出来ます。

永久的なラインを実現する「切開法」

永久的なラインにしたいという事でしたら、切開法です。瞼をメスで切開して縫合します。手術後に通院をして抜糸をしてもらい、その傷によって二重のラインにするため線が消える事はありませんし、ぱっちりとした目にしたい方にも向いています。しかしメスで切開するという事に恐怖やリスクを感じる方も多いですし、ダウンタイムも数週間かかるという点でデメリットを感じる方も多いです。

仕事をしている方や学校に通われている方は、すぐに通勤したり通学出来ない状態ですし、抜糸をしてからも少し腫れているという事も有るのでばれずに行うというのはむずかしいものもあります。もちろん確実に変身したいという願望がある方にはメリットも多いですが、リスクが多いという事で躊躇される方もいます。

ダウンタイムが少ない「埋没法」

もう一つの方法には、埋没法という方法があげられます。この方法は、まぶたを医療用の糸で数か所留める事で、二重のラインを作るというものです。まず第一にメスで切らなくても良いという事、そして抜糸をする必要が無いという点でメリットは大きいです。つまり施術を受けてから通院する必要が無いという事です。しかも、施術時間も15分程度とかなり短時間で終了してしまいますし、ダウンタイムが切開法に比べてかなり短いというのもポイントとなっています。二重にはしたいけれど、やり直しが出来ない切開法は不安出しメスを使って切開するのは怖いと感じている方にもお勧めです。

また最新の埋没法を行っている美容外科クリニックでは、独自の医療用の極細の糸や技術によってほとんど腫れる事が無いため、ダウンタイムがほぼ無いといったメリットがある施術設けられます。費用は両目で20万円を超えてしまう事も有りますが、ダウンタイムがほとんどないというのはかなり大きなメリットですし、翌日から普通の生活を送ることが出来てなおかつナチュラルな仕上がりにもできるのでおすすめです。

最新の埋没法は料金に関しては一般的な二重まぶたにする埋没法よりも、高くなっています。そのため費用の面ではデメリットも生じる事も有りますが、腫れるのは困るしダウンタイムがほとんどないというのが魅力、術後も腫れていないのでいつも通りに過ごせて良かった、やり直したいと思った時にはやり直すことも出来ると言ったメンテナンスの面で選んでいる方も多く口コミでも高評価されています。

カウンセリングを受けてから手術を受けましょう

美容外科クリニックでは、美容整形を行う所であればほとんどのクリニックで二重まぶた手術を受けることが出来ます。二重にする方法と言っても、大きく分ければ切開法と埋没法に分けられますし、それぞれクリニックによって方法や技術も異なりますので口コミなども参考にした上で、カウンセリングを受けて一番納得できるところで手術を受けるようにしましょう。費用の安さ高さだけで決めるのではなく、少し高かったとしてもほとんど腫れないと言った最新の技術が使われている手術方法もありますので、総合的に判断をすることが大事です。

お得に受けたいのであれば、モニター制度が有るところであればモニター制度を利用するのもありです。同じ施術内容が割引される事も有りますので要チェックです。最新の二重まぶた手術であれば、今までの手術に比べて腫れづらいですし、周りの人にばれづらいというのもあるのでおすすめです。

コンプレックス解消 , ダウンタイム , 切開法 , 埋没法 , 費用